SDGsをわかりやすく?

SDGs(エスディージーズ)って解りにくいよね…

コロナ差別、許さない。

SDGs(エスディージーズ)とは、SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS”(サステナブル・ディベロップメント・ゴールズ)の略称で、 「持続可能な開発目標」と和訳されています。

SUSTAINABLE = 持続可能な
DEVELOPMENT = 開発
GOALS = 目標(複数形)


ふーん、それで?

国連の資料では「私たちの世界を変える17の目標」と言い変えられています。2015年9月の国連サミットで世界193ヶ国のリーダーによって2030年までに達成することが採択された、国際社会共通の目標です。

まだ、ピンとこないな~!

17の目標を下段の表に記します。これらをつぶさにみてみると、貧困を無くし、飢餓をゼロにし、差別や人権・平和を守り、環境破壊から地球を守り、次世代に伝えていくべき「人類のあるべき姿」を示していることが伝わってきます。一言で言うなら「地球上の全ての人が、この地球で持続して暮らせるような世界を創るための17の目標(ゴール)」を示したものとでも言い変えましょうか。
SDGsは、いま正しい選択をすることで、将来の世代の暮らしを持続可能な形で改善することを目指します。それが”SUSTAINABLE”の意味です。少しイメージが浮かんできましたか?

さらに169のターゲット!

さらに、国連資料では17の目標(ゴール)を達成するための169のターゲット(具体的な目標)が示されています。169もあるの!
1例だけ見てみましょう。
例)1.1  2030 年までに 、 現在 1 日 1.25 ドル(約150円)未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。

どうでしょうか?
やっと”SDGs”ってこんなものかと、具体的なイメージがわいてきたのではないかと思います。なので、ぜひ一度2~3例でもターゲット(具体的な目標)を読んでみて欲しいのです。→詳しくはこちら(外務省のホームページ)

そして、今、私たちに何が出来るかを考えてみましょう!

7月から、レジ袋が有料になりました。
海を汚さないための小さな1歩ですが、私はエコバッグを一つ購入し、レジ袋を使わないようになりました(みなさん小さな事からコツコツ始めてみませんか)。

なお、持続可能な開発を達成するためには、経済成長、社会的包摂、環境保護という3つの主要素を調和させることが不可欠 と言われています。以下に17の目標(ゴール)を示します。
ゴールに向かって行動を開始しましょう!

目標1
貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標2 飢餓をゼロに
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
目標3 すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
目標4
質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、 生涯学習の機会を促進する
目標5 ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
目標6
安全な水とトイレを世界中に
すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能か つ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
目標8 働きがいも、経済成長も
すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する
目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産 業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る
目標10 人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の不平等を是正する
目標11
住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジ リエントかつ持続可能にする
目標12 つくる責任・つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する
目標13 気候変動に具体的な対策を
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急 対策を取る
目標14 海の豊かさを守ろう
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向け て保全し、持続可能な形で利用する
目標15 陸の豊かさも守ろう
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失 の阻止を図る
目標16 平和と公正をすべての人に
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

(17の目標:国連広報資料より)

カタカナ用語の解説
・ジェンダー:生物学的性差はセックスと呼ぶが,社会的に要求される場合の性差はジェンダーと言う
・エンパワーメント:個人や集団が本来持っている潜在能力を引き出し、湧き出させること
・アクセス:接近(する)、到達(する)、手が届く、利用可能にする
・ディーセント・ワーク:働きがいのある人間らしい仕事
・レジリエント:柔軟性のあるさま
・インフラ:公共的・公益的な設備や施設、構造物など
・イノベーション:革新、技術革新、刷新、一新
・グローバル:全世界にわたる
・パートナーシップ:友好的な協力関係