新型コロナウイルス感染症に関連した差別を許さないまち宣言

新型コロナウイルス感染症が収束しないなか、同感染症に関連した差別や偏見、誹謗中傷などの人権侵害事象が全国的に発生しています。
2020年10月16日、河内長野市と河内長野市人権協会は、このような差別は決して許さないとの強い決意を、すみやかに市内に周知・啓発するために「新型コロナウイルス感染症に関連した差別を許さないまち宣言」を共同宣言しました。

詳細は、チラシ「新型コロナウイルス感染症に関連した差別を許さないまち宣言」および
コロナ差別に関連する人権感覚」チェックシートをご覧ください。

関連活動
●ストップコロナ差別 人権相談:10月19日~11月30日
●市民サロン コロナ差別など人権啓発パネル展示:11月4日~12月16日

2020年10月16日